ここから本文です

阪神 3連敗中の能見は5回4失点で降板

8/6(日) 15:52配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(6日、京セラドーム大阪)

 阪神の先発・能見が5回4失点で降板した。

 “一発攻勢”を浴びて逆転を許したのは、1点リードで迎えた四回のマウンド。この回先頭のバレンティンから左翼への特大アーチを被弾して同点とされると、無死一塁からリベロに勝ち越し2ランを浴びた。

 二回には四球と味方守備の乱れなどで先制を許していた左腕。この日の試合前まで自身3連敗中だった。

 打線では、福留が三回に2点二塁打を放った。2死一、二塁から、相手先発・石川がカウント1ボール1ストライクから投じた高めのカットボールにバットを合わせた。右翼へ放った打球が2点二塁打となり一時逆転となった。

 2点ビハインドの五回には俊介が左前適時打。この日、3本目となる安打を放ち1点差に詰め寄った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 16:20