ここから本文です

中日がカード勝ち越し 最後はアピールで終了、岩瀬が新記録をセーブで飾る

8/6(日) 17:39配信

デイリースポーツ

 「巨人4-5中日」(6日、東京ドーム)

 中日がカード勝ち越し。4-4の八回に京田の中前適時打で1点を勝ち越した。

 九回は岩瀬が最多登板新記録となる950試合登板を果たし、セーブを挙げた。最後は巨人の一塁走者・重信の帰塁を巡る中日側のアピールによって試合が終了した。

 三回、福田の左線適時二塁打で1点を先制。1-4の五回は藤井の右中間5号3ランで同点。先発・若松は四回途中7安打4失点。

 巨人は0-1の四回に敵失、小林のスクイズ(野選)、マギーの中前2点適時打で4点を奪い逆転したが再逆転された。先発・大竹寛が六回途中6安打4失点。