ここから本文です

中日・岩瀬【一問一答】日本新記録の950登板「次は951をしっかり」

8/6(日) 18:00配信

デイリースポーツ

 「巨人4-5中日」(6日、東京ドーム)

 中日の岩瀬仁紀投手(42)が1点リードの九回に登板し、プロ野球歴代最多記録となる950登板を達成した。この回を抑えて今季2セーブ目を挙げた。ヒーローインタビューでは「次は951(登板)をしっかり頑張ります」と視線を先へ向けた。以下、一問一答。

【写真】中日・岩瀬、史上最長ブランク12年ぶりに月間MVP受賞

 (1死一、二塁から、巨人・坂本が中堅を抜けようかという当たりを放つも、大西が好捕。この際、二塁を回っていた一走の重信が、二塁を踏まずに一塁に戻り、中日のアピールプレーによりアウトとなる幕切れとなった)

 -今の気持ちを。

 「僕自身、ちょっとあっけにとられてるんですけど、終わったのでほっとしています」

 -最多に並んでから2日後の登板。しかもクリーンアップを相手にした。

 「上がる前はそういうことを考えずに3アウトをとって帰りたいなという気持ちでいました」

 -950という数字をどう感じるか。

 「自分がやってることとは思えないですけど、よくここまで来たなと思います」

 -日本のピッチャーで一番多くマウンドに上がった。

 「比べるピッチャーが全然違うと思うので、数字上は抜きましたけど、比べちゃいけないと思います」

 -ルーキーイヤーの自分に声をかけるとしたら。

 「そういうピッチャーになれると思わなかったので信じられないですね」

 -誰の力が一番大きいか。

 「両親ですかね」

 -どんな言葉をかけますか。

 「本当にありがとうと言いたいです」

 -東京ドーム全体が拍手で出迎えた。

 「今日だけは応援してくれるなという感じがしました」

 -ファンへ。

 「苦しい時もいつも応援してくれて、ありがとうございます」

 -次の目標を。

 「次は951(登板)をしっかり頑張ります」

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 7:00