ここから本文です

島根県益田で39.3℃、今年最高気温を更新

8/6(日) 15:16配信

ウェザーニュース

 今日は、山陰や近畿北部など日本海側を中心に、体温を超えるようような危険な暑さとなっています。

 島根県益田市では、13時46分に39.3℃を記録。昨日5日(土)に福岡県前原で38.9℃を観測し、今年の全国最高気温1位を更新しましたが、早くもこの記録を塗り替えています。

▽14時00分時点の気温ランキング
・益田(島根)39.3℃
・浜田(島根)38.5℃
・大田(島根)38.4℃
・出雲(島根)38.4℃
・萩 (山口)38.3℃
・財田(香川)38.0℃


【日本海側が暑い要因は、台風5号によるフェーン現象】
 日本海側でこれほど気温が上がっているのは、台風5号の間接的な影響です。

 台風によって送り込まれた暖かく湿った南風は、太平洋側では雨を降らし、山を越えて日本海側に流れ込む時には、高温の乾いた強風となって吹き下ろし、気温を上昇させています。これは『フェーン現象』と呼ばれる現象です。


 この後も山陰や近畿北部、北陸エリアなど日本海側を中心に、40℃近い暑さが続く見込みです。これらのエリアでは、こまめな水分・塩分補給や休憩、などが必須。夕方までの最も暑い時間帯は、涼しい室内などで過ごすなど万全の熱中症対策をしてください。


【熱中症のサイン】
 以下のようなサインが現れたら、熱中症を発症している可能性があります。自身のことはもとより、周りでこういった症状の人が出ないかご注意ください。

□脈拍が速くなる
□呼吸が増加する
□顔色が悪くなる
□めまいがする
□皮膚が乾き、赤くなる
□異常に体温が上がる

ウェザーニュース