ここから本文です

ヘタフェ・柴崎、移籍後初ゴール

8/7(月) 6:04配信

スポーツ報知

 【マドリード(スペイン)5日=岡野誠子】スペイン1部ヘタフェに加入したMF柴崎岳(25)が5日、プエルトジャノ市球技場で行われた同1部ジローナとの練習試合で移籍後初得点を決めた。3トップの右で先発。後半33分に相手DFからボールを奪って右サイドからエリア内に進入し、右足でゴール中央上に突き刺した。同40分に交代でピッチを退く際にはファンから拍手で送り出された。この得点が決勝点となり、ヘタフェが1―0で勝利した。

 20日にリーグ開幕のビルバオ戦が控える中、柴崎がアピールに成功した。昨季の半年を過ごしたスペイン2部テネリフェから今年7月、完全移籍で加入。入団会見では「スペイン1部でプレーすることが夢だった」と意気込み、すぐに結果を残した。鹿島在籍時代は特徴が分からないチームでも「ある程度はできる」と適応力に自信をのぞかせていた。この日は本職のボランチではなく不慣れな3トップに入ったこともあり、ボールに絡む回数は多くなかったが、なじんできた終盤にゴールを決めた。

 スペイン1部で活躍できれば、目標の一つに掲げる日本代表への復帰も見えてくる。1月にテネリフェへ移籍した際には環境の違いに苦労したが、新天地で好スタートを切った。

最終更新:8/7(月) 6:04
スポーツ報知