ここから本文です

【GOLF】鈴木愛が13位タイに浮上! キム・インキョンが独走態勢に

8/6(日) 4:16配信

ISM

 女子ゴルフの今季メジャー第4戦 全英リコー女子オープンが現地時間5日、スコットランドのキングスバーンズ・ゴルフリンクスを舞台に第3ラウンドの競技を終了。鈴木愛が3アンダー69で回り、日本人最高位となる通算7アンダー13位タイに浮上した。

 今季国内ツアー賞金ランキング2位につける鈴木愛は予選ラウンドを21位タイで通過。ムービングサタデーのこの日は、出だしの4ホールで2つのボギーを喫したが、1オーバーで迎えた8番から3連続バーディを奪取。さらに14番、16番でもスコアを伸ばすと、17番はボギーとしたが6バーディ、3ボギーの内容でホールアウト。トップ10入りも十分に狙える位置で最終日を迎えることとなった。

 その他日本勢は、1アンダー71でラウンドした上原彩子が通算5アンダー31位タイ。全英初出場の川岸史果はイーブンパー72で通算1アンダー59位タイとなっている。鈴木と同組でのプレーとなった野村敏京は6オーバー78と崩れて、通算2オーバー72位タイ。西山ゆかりは通算3オーバー単独76位となっている。

 単独首位から出たキム・インキョン(韓)は、ノーボギーの6アンダー「66」で回り、通算17アンダーでリーダーボードの最上段をキープ。2位タイにつけるモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ジョージア・ホール(英)に6打差をつけて、メジャータイトルに大きく近づいている。通算10アンダー4位タイには、「64」とビッグスコアを叩き出したインビー・パーク(韓)、アリー・マクドナルド(米)がつけている。

 ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.2のレクシー・トンプソン(米)は、2オーバー74で通算7アンダー13位タイに後退。同ランク5位のリディア・コ(ニュージーランド)は1オーバー73で通算イーブンパー64位タイとなっている。

最終更新:8/6(日) 4:16
ISM