ここから本文です

【GOLF】「60」のP.ゴイドス、首位タイに浮上! 3打差に14人が並ぶ大混戦

8/6(日) 10:04配信

ISM

 米チャンピオンズツアーのスリーエム選手権が現地時間5日、ミネソタ州のTPCツインシティーズを舞台に第2ラウンドの競技を終了。ポール・ゴイドス(米)、ケニー・ペリー(米)、ジーン・ソアーズ(米)が首位に並び、最終日を迎える。

 初日を31位タイで終えたゴイドスは、上りホールでイーグルをマークするなど、トータル1イーグル、10バーディの12アンダー60と猛チャージ。今季初勝利を目指す同選手は、連日の「65」をマークしたペリー、ソアーズと通算14アンダーでトップタイに立っている。

 1打差の4位タイにスコット・ダンラップ(米)、ブラント・ジョーブ(米)、2打差の6位タイにツアー初優勝を目指すスティーブ・ストリッカー(米)、マルコ・ドーソン(米)。通算11アンダー8位タイにジョー・デュラント(米)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)ら7選手が続く。

 一方、前週の全英シニアオープンでメジャー通算10勝目を手にしたベルンハルト・ランガー(独)は、15番から4連続バーディを奪うなど6アンダー66をマークし、通算9アンダー20位タイに浮上。また、スコット・マッキャロン(米)は通算6アンダー34位タイから残り18ホールを戦う。

最終更新:8/6(日) 10:04
ISM