ここから本文です

【GOLF】R.マキロイ「ドライバーがよく振れている」 5位で最終Rへ

8/6(日) 11:05配信

ISM

 WGC-ブリヂストン招待3日目が終わり、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算6アンダー5位タイで首位とは3打差。「ドライバーが本当によく振れている」と本人が言うように好調な理由はティーショットにあるようだ。

 3日間のうち、ティーショットで300ヤード以上飛ばしたのは42ホール中39ホール(パー3を除く)、第3ラウンドの16番では360ヤードショットを放った。「自信があれば、100%で振っていけるからいい感じ。明日、そして全米プロ選手権もこのままの調子でいきたい」とマキロイ。

 2014年大会を制した際も3日目を終え、首位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)と3打差の単独2位。最終日に「66」で回り逆転優勝し、翌週の全米プロ選手権も制した。「前回優勝した時も3ストローク差だった。今回は上に何選手かいるが追いつきたい」と最終日に向けマキロイは意気込んだ。

最終更新:8/6(日) 11:27
ISM