ここから本文です

奥会津の絶景が呼ぶ JR只見線「夏休み号」

8/6(日) 10:01配信

福島民報

 JR只見線の特別列車「風っこ只見線夏休み号」は5、6の両日、福島県会津若松市の会津若松駅と金山町の会津川口駅の間を1日1往復している。 
 窓ガラスを外したトロッコ列車で、乗客が風を感じながらエメラルドグリーンに輝く只見川など奥会津の絶景の数々を満喫している。沿線町村などでつくる只見川ライン観光協会は車内で地酒を振る舞うなどしてもてなしている。沿線では鉄道ファンが列車にレンズを向けながら熱い視線を送っている。 
 6日の運行時間は往路が午前10時15分に会津若松駅を出発し、午後0時28分に会津川口駅に到着する。復路は午後1時56分に会津川口駅を出て、同4時5分に会津若松駅に着く。 

福島民報社

最終更新:8/6(日) 10:36
福島民報