ここから本文です

間島和奏、テレ朝「ラストアイドル」で「自分の200%を出して頑張りたい」

8/6(日) 17:52配信

サンケイスポーツ

 AKB48などの総合プロデューサー、秋元康氏(59)がプロデュースするテレビ朝日系のオーディション番組「ラストアイドル」(12日から土曜深夜0時5分、初回のみ同0時35分)の制作発表が6日、東京・六本木の同局で行われた。

 同番組は、14~26歳の女性ならプロアマ問わず応募可能。4932人の応募者の中から3回の審査を乗り越えた7人が、毎週新たな「挑戦者」と歌やダンスなどのパフォーマンス対決を行い、挑戦者が勝利すれば即メンバーが入れ替わる。年内に予定されているデビューに向け、勝ち残りを目指すサバイバルだ。

 パフォーマンス対決の勝者は、複数の審査員の中から“天の声”が選んだ審査員1人が独断で決定。これにより、「偏ったアイドルが誕生するでしょう。どんなアイドルグループが誕生するか楽しみ」と秋元はコメントを寄せた。

 会場では、初回収録に臨む間島和奏(17)、吉崎綾(21)、小澤愛実(14)、安田愛里(18)、長月翠(17)、山田まひろ(18)、相澤瑠香(18)がお披露目。最年少の小澤が「このメンバーで残りたい」と意気込むも、番組MCを務めるタレント、伊集院光(49)は「全員残ることはないと思っている」と一蹴。それでも、2013年のAKBドラフト候補メンバーだった間島は、「自分の(持っている力の)200%を出して頑張りたい」と力強く語った。