ここから本文です

横浜DeNAロペスのホームラン性打球でリプレイ検証 解説者・前田氏「センサーをつけたらいい」

8/6(日) 9:00配信

AbemaTIMES

 8月5日に行われた横浜DeNA対広島16回戦で7回、横浜DeNAロペスの放ったライトポール際への打球がリプレイ検証の結果、ファウルと判定された。

 一度はホームランと判定されたものの、広島からの要請で審判団によるリプレイ検証に。ファウルと判定された後、ロペスはファーストフライに倒れた。

 リプレイ検証中、AbemaTV(アベマTV)で解説中だった野球解説者・前田幸長氏(46)は「ポールにかすってさえいればホームランですからね。ポールにセンサーをつけたらいいのでは」と提案していた。コメント欄ではファンから「ポールに塗料をつける」など、ビデオによる検証では判断しきれないレベルのプレーでも確認できるようなアイデアが寄せられていた。

最終更新:8/6(日) 9:26
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 6:20