ここから本文です

Newニンテンドー2DS LLレビュー:ほんとにゲームを遊びたいなら買い

8/6(日) 7:11配信

ギズモード・ジャパン

2017年7月13日に発売された、任天堂の携帯ゲーム機「Newニンテンドー2DS LL」(以下、New 2DS LL)は3D映像(立体視)機能が削られ、“2Dゲーム機になって大きくなった3DS”と言えるかもしれません。そんなNew 2DS LLは、同様に4.88インチの上画面を備えた「Newニンテンドー3DS LL」(以下、New 3DS LL)や、本体を折りたためない「2DS」といった旧機種どう違うのか? 気になるところを米ギズモードのAlex Cranzがレビューしています。

【画像】Newニンテンドー2DS LLレビュー:ほんとにゲームを遊びたいなら買い

※New 2DS LLにはリージョン制限があるため、記事中のゲームタイトルは海外版の名前を記載した後に括弧内に対応する日本語タイトルを記載しています。

飛ぶように売れているNintendo SwitchもNew 2DS LL同様に、車や電車の中でも、バーでだって遊べます。スマホ向けゲームの質も高くなりましたね。でも、Switchのゲームはまだ少ないですし、スマホには何日も没頭できるようなゲームはまだありません。

だからどこにでも持ち運べて、最高のゲームをいくつもプレイしたいなら、多くのタイトルが発売されているNintendo 3DSファミリーのどれかが必要なんです。

3DSは今までに6種類発売されていますが、それぞれに何らかの欠点があり、使いやすさと手に入れやすさが完璧に融合することはありませんでした。しかし、New 2DS LLでそれも終わりです。

初代3DSと比べてみる

New 2DS LLの「New」は、私がわざわざつけたわけではなく、任天堂の命名によるものです。New 2DS LL(と2014年に発売されたNew 3DS)はどちらも初代3DSから進化したものですが、筐体が新しくなっただけではありません。New 2DS LLでは初代2DSや初代3DSではプレイできなかったゲームも遊べるのです。

たとえば、New 3DS専用ソフトとしては『Xenosaga Chronicles 3D』(邦題『ゼノブレイド』)があります。専用ソフトはそんなに多くないですが、昔の3DSファミリーしか持っていない人に「New 3DS、持ってたらな…」と思わせるくらいに良い専用タイトルも十分でています。バーチャコンソールでは『Donkey Kong Country』(邦題:『スーパードンキーコング』)や『Street Fighter Alpha 2』(邦題:『ストリートファイターZERO 2』)、『F-Zero』などが遊べます。

New 2DS LLはストレージ用のmicroSDスロットを備え、ゲームキャラクターフィギュア型周辺機器「amiibo」にも対応しています。Newが頭につかない3DSシリーズと比べると、本体の肩側にZRボタンとZLボタンが、Xボタンのうえにはアナログジョイスティック「Cスティック」が増設されています。

1/3ページ