ここから本文です

【インタビュー】主演・山崎賢人、『ジョジョ』完成作品を見て「クレイジー・ダイヤモンドすげー」と感動

8/6(日) 9:44配信

トレンドニュース(GYAO)

累計売上部数1億部を超える荒木飛呂彦の大人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」が『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』として実写映画化(8月4日公開)。このニュースが報道された際、これまで起きたことがないような大きな反響が巻き起こった。そんな大注目の作品で、主人公・東方仗助(ひがしかた・じょうすけ)を演じるのは、出演作が途切れることがない若手人気俳優・山崎賢人(※「山崎」の「大」は「立」が正式表記)だ。制作発表では「大きなプレッシャーだが楽しみたい」と語っていた山崎に、作品が完成した今の率直な胸のうちを聞いた。

【特別映像】本人インタビュー・山崎賢人>>

■とにかく原作をリスペクト!「ジョジョに愛情を持って演じるんだ」

――世界中にファンがいる超人気コミックの実写化、しかも主人公を演じることについて、どんな思いで作品に臨んだのでしょうか?

山崎: 大作であり話題の作品ということで、間違いなくプレッシャーは大きかったです。一方で、三池崇史監督とご一緒してみたかったので、すごくワクワクした気持ちもありました。とにかく原作をリスペクトして、自分も「ジョジョに愛情を持って演じるんだ」と心に決めて挑みました。

――まず台本を読んでどんな印象を持ちましたか?

山崎: アンジェロ(片桐安十郎)の話や、虹村兄弟の話を盛り込んでいて、青春物語や人間物語が「ジョジョ」の原作に忠実にしっかり描かれていると感じました。

■キャラクターを現実に落とし込むことに苦悩した

――ご自身が演じた東方仗助という役はいかがでしたか?

山崎: 僕がマンガで読んだときのキャラクターの印象を、現実に落とし込むためにどうしたらいいか、結構悩みました。

――山崎さんが感じる仗助(ジョジョ)の魅力は?

山崎: とにかく格好いいですよね。正義感が強いし、自分の命を救ってくれた恩人への憧れや尊敬もあって、髪形や服装も影響を受けている。仗助の“世界で一番やさしくて平和なスタンド“、クレイジー・ダイヤモンドも彼の人柄を表していますよね。

――かなり体も鍛えられたのでは?

山崎: ジョースター一族は体が大きいですし、仗助の体に近づけるためにクランクインの半年ぐらい前から少しずつ体を大きくするように鍛えていました。

――ご自身と似ている部分は感じますか?

山崎: 「何があっても絶対砕けねー、砕けないぞ」って気持ちですかね。

――ファンの人からの反響にも砕けない?

山崎: 砕けそうです(笑)。もちろん砕けないように一生懸命がんばるだけというか、芯だけは曲げないで、しっかり取り組みたいなって思っていました。

1/3ページ