ここから本文です

祭りからポイ捨て追放! 回収所設けごみゼロ計画始動 桐生八木節まつり

8/6(日) 6:03配信

上毛新聞

 群馬県の桐生八木節まつり(6日まで)の会場からポイ捨てされるごみをなくそうと、市民有志が「桐生まつりゴミZEROプロジェクト」を初めて実施している。本町6丁目の本町通り沿いにごみ回収所を設け、祭りの見物客とあいさつを交わしながらごみを受け取っている。

 市民有志が桐生市の課題を考える月1回の集い「キリュウラボ」の中で、祭りの際のごみ散乱が話題に上がり、プロジェクトが立ち上がった。NPO法人チャウス(加藤正幸理事長)の自然体験学校スタッフらを加えた30人が、交代で回収所に詰めている。

 ゴミZEROプロジェクトの缶バッジを1200個作製し、活動に100円以上募金した人にプレゼントしている。加藤理事長は「きれいな街をつくり、観光客にも地元の人にも桐生を好きになってほしい」と話している。

最終更新:8/6(日) 6:03
上毛新聞