ここから本文です

ネイマールを射止めたPSG “アフリカのシャビ”獲得で豪華攻撃陣の形成へ

8/6(日) 0:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今や市場の人気銘柄に

今オフにDFダニエウ・アウべスとFWネイマールを獲得したパリ・サンジェルマン。UEFAチャンピオンズリーグで優勝を経験した2選手の引き抜きに成功し、2017-2018シーズンの同大会制覇やリーグ・アンのタイトル奪還にむけて期待が高まっている。

こうした状況のなか、同クラブが現ニース所属MFジャン・ミシェル・セリ(コートジボワール代表)の獲得レースに参戦したと、英『THE Sun』が伝えている。長短を織り交ぜた正確なパスに定評があり、2016-2017シーズンのリーグ・アンで7得点9アシストを記録したセリ。複数のメディアで“アフリカのシャビ”という異名でプレイぶりを称えられたほか、既にアーセナルが3500万ポンド(約51億円)の入札を行ったことが同紙で明らかにされるなど、今や移籍市場の人気銘柄となっている。

現段階でニースが新シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのプレイオフ(ナポリ戦)を控えていることもあり、移籍を決断する可能性は低いという見解が同紙で示されている同選手。しかし、仮にニースが同大会(本選)への出場を逃した場合、同選手が同大会への出場権を有するパリ・サンジェルマンへの移籍に傾倒する可能性も否定できない。引き続き動向を注視する必要があるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/