ここから本文です

「ありのままの自分でいい!」体型批判に反論したセレブたち

8/6(日) 22:40配信

ELLEgirl

ハリウッドセレブが必ずしも図太い神経の持ち主とは限らないそれなのにちょっとしたことでバッシングされ、SNSには絶え間ない批判やネガティブな書き込み、ボディシェーミング(体型の侮辱)が寄せられる。ただ、そうした攻撃に「人がどう思おうと関係ない!」と真っ向から立ち向かい、「自分の体が大好き」というポジティブなメッセージを世界中に発信できるのもスターたちの特権。そこで、明快な受け答えでスマートに反論したセレブをご紹介。

ちょっと変わったボディーパーツを持つセレブ10

セレーナ・ゴメス

インスタグラムに投稿した水着姿が「太っている」と批判されたセレーナ・ゴメス。新たに水着スナップをもう一枚アップして、「私は自分の体が好き。そう思えることがとても幸せ」とコメント。#theresmoretolove(愛する理由はたくさんある)とのハッシュタグもつけた。まさにその通り!

クロエ・グレース・モレッツ

「太っている=美しくない」を連想させる、韓国のアニメ映画『Red Show & The 7 Dwarfs(原題)』のポスターを発見したクロエ・グレース・モレッツは、「映画の宣伝を見て、みんなと同じくらいショックを受けたしとても怒りを覚えた。これは私たちが承認したものではない。でも脚本は素晴らしいし、私もヒロインの声を担当したので、ぜひ映画の全体的な仕上がりを観てほしい。実際のストーリーは、女性を勇気づけるような内容になっているし、それに私も共感している。本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。私の力ではどうにもならなかった」と謝罪した。

リアーナ

多忙を極めるリアーナは、悪意のある書き込みに対応しているほど暇はない。でも一度だけ、彼女の体型への執着を見せるヘイターに対し、絵文字で反応したことがある。それは数日前、チートスとラッフルズポテトチップス(ナイスチョイス!)を手にスーパーで買い物するリアーナを撮影し、体型批判したヘイターがその動画をインスタグラムにアップされた時。タグされたリアーナはすぐさま「誰か私のことデブって呼んだ? 」とお茶目な返しをした。

リアーナは周りの要望に応えるために活動をしているわけではない。そんな彼女の気持ちを代弁しているのが、このミーム。自分の体型をバッシングしたスポーツライターに向けて、最近激痩せしたラッパーグッチ・メインのNOW&THEN写真を投稿。「2007年の僕(グッチ・メイン)と付き合うことができなければ、2017年の僕と付き合う資格はない」とのキャプションをつけ、ジョーク交じりに反論した。(Translation:Reiko Kuwabara)

最終更新:8/7(月) 12:34
ELLEgirl