ここから本文です

神戸指揮官「最後まで我慢を強いられた」と苦い顔…ポドルスキには一定の評価

8/6(日) 15:50配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第20節が8月5日に日立柏サッカー場で行われ、柏レイソルとヴィッセル神戸が対戦した。試合は3-1で柏の勝利。試合後、神戸のネルシーニョ監督が記者会見に臨んだ。

「前半は悪くない内容だったと思います。得点を取った後も少し落ち着きが出てきて、守備のところはしっかりと対応できた。後半、失点の場面は無理をして崩れた場面でプレスに行ってしまい、相手から数的優位を作られた。相手に勢いを付けるきっかけを自分たちで与えてしまったかなと思います。1人少ない状況で、最後まで我慢強く戦うしかなかった。攻撃に出られればいいですが、出られないときの周りのサポートも必要でした。最後まで我慢を強いられた試合でした」と総括的に振り返った。

加入後2戦目となったFWルーカス・ポドルスキについて問われると、「彼はまだ日本という国とここのフットボールに慣れ始めたところ。順応するまで我慢して見てあげないといけない。ですがボールが入ったときには彼の良さは出ていましたし、これからまたアダプトしていけばもっと質も上がって、攻撃のところも上がってくると思います」と一定の評価を下した。

GOAL

最終更新:8/6(日) 15:50
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合