ここから本文です

コールシュライバー 今季初Vで雄叫び、キャリア通算8勝目<男子テニス>

8/6(日) 14:16配信

tennis365.net

ジェネラル・オープン

男子テニスのジェネラル・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は5日、シングルス決勝戦が行われ、世界ランク47位のP・コールシュライバー(ドイツ)が同62位のJ・ソウサ(ポルトガル)を6-3, 6-4のストレートで下して大会2年ぶり2度目、今季初優勝を果たした。

【錦織らロジャーズ・カップ 対戦表】

この日、71パーセントの確率でファーストサービスを入れたコールシュライバーは2度のブレークを許すも、自身は4度ソウサのサービスゲームを破り、1時間22分で勝利した。

優勝が決まった瞬間、コールシュライバーは自身のチームへ向けて両手でガッツポーツをつくり、雄叫びをあげて喜びを爆発させた。

現在33歳のコールシュライバーは、前週のジャーマン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)準決勝を左脚の内転筋負傷により途中棄権していた。

怪我の具合など不安を残していたが、今大会1回戦で予選勝者のF・バグニス(アルゼンチン)、2回戦で第7シードのJ・ヴェセリ(チェコ共和国)、準々決勝でD・ラヨビッチ(セルビア)、準決勝で第2シードのF・フォニーニ(イタリア)を破ってキャリア通算8勝目をあげた。

tennis365.net

最終更新:8/6(日) 14:17
tennis365.net