ここから本文です

青山修子が大会4度目のダブルス優勝 [ワシントン/女子テニス]

8/6(日) 10:00配信

THE TENNIS DAILY

「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ワシントンDC/7月31日~8月6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第2シードの青山修子(近藤乳業)/レナタ・ボラコバ(チェコ)がユージェニー・ブシャール(カナダ)/スローン・スティーブンス(アメリカ)を6-3 6-2で破り、優勝を果たした。試合時間は59分。

快進撃の二宮/ボラコバは決勝に一歩届かず「やりきったけど悔しい」 [ウィンブルドン]

 今大会に6年連続出場となった青山は、2012年からダブルス3連覇を達成しており、5度目の決勝進出で4度のタイトル獲得となった。昨年は尾崎里紗(江崎グリコ)と組んで決勝に進出したが、モニカ・ニクレスク(ルーマニア)/ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)に4-6 3-6で敗れていた。

 ボラコバと青山とのコンビは、昨年6月のノッティンガム(WTAインターナショナル/グラスコート)以来となるダブルス出場。同ペアでは初タイトルを獲得した2015年10月の大阪(WTAインターナショナル/ハードコート)に続く2勝目を挙げた。

 今大会での青山/ボラコバは、1回戦でソフィー・チャン/アレクサンドラ・ミューラー(ともにアメリカ)を4-6 6-1 [10-6]で、準々決勝でコーネリア・リスター(スウェーデン)/ルー・ジアジン(中国)を6-3 5-7 [10-5]で、準決勝ではジェシカ・ムーア(オーストラリア)/ジョスリン・レイ(イギリス)を6-4 6-2でで下して勝ち上がっていた。

 シングルスの予選に出場していた青山は、予選決勝で第1シードのヘザー・ワトソン(イギリス)に3-6 6-7(7)で敗れていた。

 青山がWTAツアーのダブルスでタイトルを獲得したのは、二宮真琴(橋本総業ホールディングズ)とのペアで出場した昨年9月の東京(WTAインターナショナル/ハードコート)以来で、通算7勝目となる。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/6(日) 10:00
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュースからのお知らせ