ここから本文です

ももクロが「サーフィン」を学ぶ!

8/6(日) 17:00配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年8月6日(日)の放送では、「世界の波に乗れ! サーフィン学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、プロサーファーの田岡なつみ選手。
試合の前に必ずしていることや、2020年の東京オリンピックへの想いについて教えていただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2017年8月6日放送より)

ーー“波に乗る時には順番がある!”


清野:ロングボードとショートボードは、どう違うんですか?

田岡先生:まず長さが違って、ロングボードだと275センチ前後、ショートボードだと180センチ前後になって、ロングボードの方が浮力があるためにパドルが早くて立った時の安定感があるんです。
ショートボードはロングボードに比べて短いので、細やかな動きや、ターンとか、クイックな動きができます。

しおりん:なるほど! ロングボードにはどんな技があるんですか?

田岡先生:板が長いので、板の上で歩くんですよ。クロスステップをして、板の先端に足をかけるっていうのが一番高難度な技なんです。
どちらかというと、波の上でダンスをしている感じなのがロングボードなんです。

しおりん:そうなんだ!

かなこ:波に乗りながら、ボードの上を歩くんですか?

しおりん:すごいね! よりバランス感覚が要求されるね。

田岡先生:そうですね。より体幹とかが重要になってきます。

かなこ:サーフィンの大会では、勝ち負けってどうやって競うんですか?

田岡先生:高得点を狙うには、波のクオリティとか、大きい波に乗れば乗るほどポイントも高くなるんです。
積極的に高難度の技を攻めるっていうのが一番のポイントになるんじゃないかなと思います。

清野:フィギュアスケートみたいに誰かが見ていて、得点をつける。その得点を競い合うって感じなんですか?

田岡先生:そうですね!

しおりん:大会では、1人ずつ波に乗るんですか?

田岡先生:1試合、2~4人ヒートで、20分で行われます。

しおりん:1つの波に乗るのは1人だけなんですか?

田岡先生:基本的に優先権があって、良い波に乗れる人が決まっているんですよ。

かなこ・しおりん:ええ~~っ!!

1/3ページ

最終更新:8/6(日) 17:00
TOKYO FM+