ここから本文です

「ドラクエ11やり過ぎて、人に会いたくなった」と語る人気声優アーティスト

8/6(日) 1:20配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月31日(月)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、月曜日レギュラーアシスタント:松井玲奈)にGRANRODEOの谷山紀章と飯塚昌明が出演し、谷山が声優になるまでの異質な経歴について語った。

GRANRODEOは2005年に結成された、声優としても活躍しているボーカルの谷山と、ギタリストの飯塚による音楽ユニット。世間からはベテランと呼ばれる2人だが、谷山はこのラジオに出演するまで、2日前に発売されたドラゴンクエストの最新作をひたすらプレイしていたと話した。

普段そこまでゲームがやらないらしいのだが、ドラゴンクエストだけは特別という谷山。エアコンの効いた部屋で一歩も外に出ず、ひたすらゲームをやり続けいたので、人に会いたくなってしまい、ラジオに出演するのを楽しみにしてたと語った。

そしてそこから「ドラクエ愛」をひたすら熱弁する谷山。飯塚も話に乗っかろうとしたのだが「2面まで行った」「ずっとBダッシュしてます」など、明らかに違うゲームの話をして周囲を困らせた。

そんなGRANRODEOの2人だが、現在放送中のTVアニメ『最遊記RELOAD BLAST』のOPテーマ曲を担当。原作がシリーズ累計2500万部を超える、過去に何度もアニメ化されている人気作品のOP曲ということでかなりのプレッシャーを感じていたことを明かした。

吉田:今回、元々のオリジナルキャストの人が揃っているけども歌はGRANRODEOに頼もうという風になったわけじゃないですか?

飯塚:僕もプレッシャーでエゴサーチとかしたわけですよ。

吉田:あ、そうなんですか。

飯塚:評判どうかなー?みたいな。そしたらちょっとこうネガティブな意見とか「えー!前の人の方がやっぱりよかった!GRANRODEOなんてめちゃくちゃ今時じゃん!」って書いてあったんですよ。それがすごく嬉しかった(笑)

谷山:嬉しかったよね!

飯塚:50歳にもなって今時なんだって(笑)

谷山:すげー嬉しかった!

吉田:たしかに今のコンテンツってことですよね(笑)

飯塚:でもなんか評判も良いみたいで嬉しいっす。

これについてリスナーから「褒められたいベテラン」とのツッコミメールもされるとGRANRODEOの2人は苦笑いをしていた。ちなみに今、飯塚が本当にハマっているゲームは『ZOOKEEPER』というパズルゲームだと語った。

ニッポン放送