ここから本文です

演歌歌手・市川由紀乃は高田延彦の「出てこいや!」のモノマネが得意!?

8/6(日) 5:10配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月30日(日)のニッポン放送『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜 朝5時30分~)は、市川由紀乃、松川未樹、松阪ゆうきがきらびやかな着物で登場し、美空ひばりの名曲を熱唱した。

松川未樹は昭和の名曲、美空ひばりの「みだれ髪」と、10周年記念曲の「凛と立つ」(6/21発売)を披露。10周年の決意を聞くと「やるしかない! がんばります!」と力強い言葉が返ってきた。

デビュー10周年を迎えた松川の特技は「お客さんの顔は絶対に忘れないこと」、そして「一度走った道も忘れないこと」。ファンクラブに入ると、写真とコメントが満載の手書き新聞「みきのつぶやき」がもらえるということだ。パソコンは苦手だが、手書きの細かい作業は得意なのだという。

松阪ゆうきは「書道三段」の腕前。新曲「愛の欠片」のジャケットの筆文字は、本人の自筆だそう。また松阪は、歌手デビューする前、なんとミュージカル俳優として活躍。2011年「レ・ミゼラブル」(帝国劇場)に出演し、バリケードで赤い旗を降る学生役などを演じたという。

市川由紀乃の特技は、色々な声が出せること。元プロレスラーの高田延彦さんの「出てこいや!」の迫力ある声や、仲のいい森山愛子さんの可愛い声をそっくりに真似していた。また早口言葉が得意で、本職のアナウンサー・石川みゆきもたじたじに。市川由紀乃の意外なパフォーマンスに、会場の観客も大喜びとなった。

ニッポン放送