ここから本文です

相生学院から3組が男子ダブルス4強入り [総体テニス]

8/6(日) 23:33配信

THE TENNIS DAILY

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会5日目、男子は個人戦ダブルスの1~4回戦(準々決勝)が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト4が決まった。

女子シングルス8強は6名が2年生 [南東北インターハイ]

     ◇   ◇   ◇

 男子ダブルスは64ドロー。4試合を勝ち抜いた4組が準決勝へ進出したが、うち3組を男子団体優勝の相生学院(兵庫)が占めた。

 第1シードの阿多竜也/丸山隼弥の2年生ペアは、3回戦、準々決勝と、ともに2-5ダウンからの勝利。「(丸山を)引っ張って、何とか巻き返すことができた」と阿多が安堵の表情を見せれば、丸山も「少し緊張もあったけれど、あきらめずに最後まで戦った」と口にした。近畿地区優勝ペアが執念の逆転勝利で4強へ駒を進めた。

 ベスト4へ一番乗りを決めたのは、菊地裕太/平川暉人の3年生コンビだ。相生学院のエースと主将が組み、4試合をしっかりとものにした。「8ゲーム先取なので常にリードしたかったし、それができた」と菊地。平川も「調子はいい。(菊地とは)気心も知れているし、自信を持って戦えている」と手応えを口にした。

 相生学院3組目のダブルスは、山中瑠樹亜/名越大地。2日前の団体決勝で優勝を決めた強力ペアだ。宗和亮介/椎名遥(履正社)との4回戦は7-7までもつれたが、最後は9-7で振りきった。

 山中/名越は、明日の準決勝で菊地/平川との同士討ちとなる。兵庫県大会では菊地/平川が勝ち、近畿地区大会では山中/名越が勝っている。3年生4人の意地がぶつかる激しい戦いになりそうだ。

 最後に4強を決めたのは、松下龍馬/間仲啓(秀明英光)の1年生ペア。4回戦で星木昇/橋本翔弥(岡山理大附)のペアを8-6で退けた。「大会前からベスト4を意識していた。(間仲と)力を合わせて勝つことができた」と松下。「(1回戦から)調子は悪かったけれどカバーしてもらい、いいプレーができるようになった」と間仲が言う。

「昨年も先輩がダブルスで4強入りしているので(田中優之介/田中隆輔)、それを越えたい」と松下。その横で間仲がうなずく。明日の準決勝は阿多/丸山と対戦するが、1年生ペアが相生学院同士の決勝を阻むことができるか。

 大会6日目となる8月7日は、男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。試合開始時間は9時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:8/7(月) 1:05
THE TENNIS DAILY