ここから本文です

豪州でのオスプレイ事故受け、飛行自粛要請

8/6(日) 20:10配信

ホウドウキョク

オーストラリアの沖合で、沖縄県の在日アメリカ海兵隊普天間基地所属の新型輸送機「オスプレイ」が墜落した事故を受け、小野寺防衛相は、日本国内での飛行自粛をアメリカ側に求めたことを明らかにした。
小野寺防衛相は「米軍に対しては、引き続き、さらなる情報提供、原因究明、および再発防止を求めるとともに、国内におけるMV-22オスプレイの飛行を、自粛するよう申し入れた」と述べた。
飛行自粛の申し入れは、6日午前に行われた。
アメリカ側からは、「申し入れがあることは受け止める」との返答があったものの、具体的な対応については、現時点で連絡が来ていないという。
オスプレイは、10日から始まる北海道での日米共同訓練に6機参加する予定だったが、小野寺大臣は「参加の取り扱いについて、アメリカ側と調整したい」と述べ、訓練への参加についても、同様に自粛を求める考えを示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/6(日) 20:10
ホウドウキョク