ここから本文です

一緒に盆踊り キャンプ座間で開放イベント

8/6(日) 6:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)で5日、基地開放イベントが行われた。家族連れや恋人らでにぎわい、ホットドッグやハンバーガーといった本場の料理を味わい、在日米陸軍軍楽隊による演奏や、盆踊りを楽しんだ。在日米陸軍基地管理本部主催。

 同基地は年に複数回、一般開放している。夏は8月第1土曜日で、米軍の軍人や軍属、その家族らと来場者が、一緒に楽しむ盆踊りが風物詩となっている。この日は、米軍関係者らでつくるグループなど10団体以上が櫓(やぐら)の上で踊った。

 25以上の屋台が出店。炎天下、木陰でかき氷などを食べる人たちも多かった。米陸軍のヘリコプターUH-60ブラックホーク1機が展示され、搭乗体験や写真撮影を目的に家族連れらが列をつくった。

 家族4人で訪れた相模原市南区の会社員(46)は「ハンバーガーを家族で食べ、米国の人ともあいさつをしました」と食事や交流を満喫した様子だった。