ここから本文です

コンテナ船内部親子連れが見学

8/6(日) 18:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 日本船主協会(東京都千代田区)はこのほど、横浜港・大黒ふ頭で多目的コンテナ船「パシフィック・アイランダー2」(1万7134トン)の船内見学会を催した。参加した親子ら15人はブリッジや船長室、エンジンルームなどを見て回った。

 ブリッジでは舵輪(だりん)に触れたり、双眼鏡で横浜港の景色を眺めたりと、船内を興味深げに歩いた。子どもたちは船長に「どれくらいの荷物や燃料が積めるのか」「航海日数はどれぐらいか」などと質問していた。

 見学会は「海と日本プロジェクト」の一環で同協会が主催し、同船を運航するNYKバルク・プロジェクトが協力した。