ここから本文です

サニブラウン9秒台逃す…まさか体勢崩し不完全燃焼

8/6(日) 3:21配信

日刊スポーツ

<陸上:世界選手権>◇5日◇ロンドン◇男子100メートル準決勝

 サニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)は日本人初の9秒台、同じく日本人初の世界選手権ファイナリストを逃した。

【写真】世界陸上を彩る美女アスリートたち/写真特集

 スタート後に体勢を崩し、スピードに乗り切れず追い風0・2メートルで10秒28の7着。まさかの結果に、うつむいて悔しがった。

 サニブラウンは「ちょっと足が上がりきらなくて、ポジションをキープできなくて、転びそうになって失速してしまったかなというのがありまして。100%で走れなかったので非常に悔しい終わり方になってしまった。普通にブロックからはいい体勢で出たんですけど、足が上がりらなくて。2歩目、もしくは3歩目で着いたときにつぶれてしまって、そこから運ぶときに動作が良くできなくて、そこが原因かなと思います。(200メートル、リレーへ)しっかり気持ちを切り替えていけたらなと思います」と話した。

最終更新:8/6(日) 5:33
日刊スポーツ