ここから本文です

ウラヌスチャーム32秒0豪脚で差し切る/新馬戦

8/6(日) 8:42配信

日刊スポーツ

<新潟5R>◇5日=新潟◇2歳新馬◇芝1600メートル◇出走12頭

 ウラヌスチャーム(牝、斎藤誠、父ルーラーシップ)が差し切った。

 発馬で出遅れたが、直線では上がり3ハロン32秒0の豪脚を繰り出して2着馬を鼻差捉えた。勝ちタイムは1分38秒2。石橋騎手は「最後にどれくらい脚を使えるかと思ったが、この上がり(レースの上がり3ハロン32秒8)を差し切るんだから能力は高い」と舌を巻いた。次走は27日の新潟2歳S(G3、芝1600メートル)を視野。

最終更新:8/6(日) 10:06
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ