ここから本文です

キング・クリムゾン、ライヴ盤『ライヴ・イン・ウィーン 2016 + ライヴ・イン・ジャパン 2015』を発表

8/7(月) 17:23配信

CDジャーナル

 キング・クリムゾンが2016年12月1日に行なったウィーン公演の模様と、2015年12月に行なったジャパン・ツアー全10公演の各公演から1曲ずつを収録したCD3枚組のライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016 + ライヴ・イン・ジャパン 2015』(IECP-10346~8 5,500円 + 税)を9月27日(水)に発表します。

 Disc 1とDisc 2に収録されるウィーン公演の音源は全27曲。ドラム・トリオの一角、ビル・リーフリンがジェレミー・ステイシーに交代し行なわれた2016年ヨーロッパ・ツアーでは、3rdアルバム『リザード』収録の大作タイトル曲を部分抜粋ながらライヴで初披露。2016年初頭に亡くなったデヴィッド・ボウイへのトリビュートとしてアンコールで「ヒーローズ」を演奏するなど話題を呼びました。

 日本盤パッケージのみに付くDisc 3の『ライヴ・イン・ジャパン2015』は全10曲を収録。初日の12月7日東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール公演から、12月21日の愛知・名古屋 国際会議場センチュリー・ホールまで、全10公演から1曲ずつをピックアップしています。本作は日本先行発売。海外での発売は2018年1月以降を予定しています。

 また、キング・クリムゾンのオフィシャル・グッズ、CDを扱うショップ〈KING CRIMSON JAPAN OFFICIAL STORE〉が、8月10日(木)から9月4日(月)までの期間限定で池袋パルコに出店することが決定。同ショップは、プログレッシヴ・ロック公式グッズの祭典〈THE PROGRESSIVE ROCK 2017〉内に特設ブースが設けられるもので、普段はウェブ・ストアでしか買えないオリジナル・グッズの数々やCD、限定BOXなど約50点の商品に加え、会場限定商品なども並ぶ予定です。会場には、今年亡くなったジョン・ウェットンを含めた『太陽と戦慄』期のメンバーのほぼ等身大巨大パネルが登場。『ライヴ・イン・ウィーン 2016 + ライヴ・イン・ジャパン 2015』の予約も会場限定特典付きで受付。

最終更新:8/7(月) 17:23
CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ