ここから本文です

二の丑もウナギ 二の丑も近江町でウナギ求め

8/7(月) 10:59配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 今夏2回目の土用の丑(うし)の日となる「二の丑」の6日、石川県内の鮮魚店やスーパーなどで、大勢の買い物客がウナギのかば焼きを買い求めた。
 金沢市の近江町市場でかば焼きを扱う「みやむら」では、香ばしいたれの匂いが漂う中、午前8時の開店時に10人ほどが訪れた。「杉本水産」では日曜の定休日を返上して、かば焼きを店頭に並べた。各店での価格は3千~4千円と高値傾向となった。
 かば焼きを2本購入した野々市市の主婦増川真弓さん(52)は「7月25日の丑の日にもウナギを買った。暑い日が続くので、高いけど、この日ばかりは食べたい」と話した。