ここから本文です

斉藤由貴、食い止められなかった不倫報道 マネジャーと意思疎通できず

8/7(月) 16:56配信

夕刊フジ

 【芸能ニュース舞台裏】

 「相手が家族ぐるみの主治医であろうと、手をつないだ写真を撮られたらアウト。一線越えちゃってる。その昔の芸能事務所は、ツーショットは撮られないようにとタレントにきつく言ってたんだけどね」

 またも炸裂した“文春砲”に仕留められたのは女優の斉藤由貴(50)だ。50代医師とのW不倫疑惑が報じられた。先の発言はある芸能プロダクション広報担当者の弁。

 斉藤は所属事務所を通じて釈明文を発表し、その翌日には会見した。今回の不倫報道について、こんな見方をするマスコミ関係者がいる。

 「所属事務所は数年前、斉藤を担当していた古参マネジャーらが大量に退社した。若いスタッフ中心なのはいいが、斉藤のようなベテランと意思疎通できるマネジャーがいなくなってしまった。きちんと意思疎通できていれば、所属タレントのちょっとした変化も見逃さず、こんな騒ぎも食い止められたはず」

最終更新:8/7(月) 16:56
夕刊フジ