ここから本文です

メジャー勝利へ期待が膨らむ松山英樹 タイガー、DJに次ぐWGC1シーズン2勝の快挙

8/7(月) 10:16配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<WGC-ブリヂストン招待 最終日◇6日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

松山英樹の熱戦を特選フォトでプレーバック!

「WGC-ブリヂストン招待」の最終日。2打差の4位から出た松山英樹が1イーグル・7バーディの大会コースレコードタイとなる“61”をマーク。トータル16アンダーで逆転し今季3勝目、米ツアー通算5勝目を挙げた。

松山がマークした“61”はタイガー・ウッズ(米国)が00年と13年の第2ラウンド、セルヒオ・ガルシア(スペイン)が14年の第2ラウンドにマークした大会レコードタイのスコア。最終日では大会史上ベストのスコアで、自身の米ツアーにおけるベストスコアでもある。

WGCを1シーズンで2勝したのはウッズとダスティン・ジョンソン(米国)に続く3人目の快挙。また、この試合が松山にとってちょうど100試合目の米ツアー出場、その中で5勝を挙げている。この大会を日本人が制したのは初めてのことで、米国外の選手としては7人目。また、この勝利でフェデックスポイントランキングでも1位に返り咲き、年間王者が狙える位置につけている。

準メジャーのエリートフィールドで圧勝したことにより、来週の「全米プロゴルフ選手権」で初のメジャータイトル獲得への期待も一層高まった。今季は「マスターズ」で11位タイ、「全米オープン」では2位タイ、「全英オープン」では14位タイできている。「この状態を維持できれば良い戦いができると思う」とメジャー制覇への思いを口にした松山。来週も日本のゴルフファンは寝不足の日が続くことになりそうだ。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>