ここから本文です

【UFC】フェザー級王者ホロウェイ、マクレガーと再戦熱望

8/7(月) 20:18配信

イーファイト

 9月23日(土)さいたまスーパーアリーナで開催される『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』のメディアイベントが、8月7日(月)都内で行われプロモーションのため来日したUFCフェザー級王者マックス・ホロウェイ(アメリカ)が出席した。

【フォト】「コナーに言い訳されるのが嫌だ」と熱弁するホロウェイ

 中国・上海、香港、そして日本とアジアでのプロモーション活動をしているホロウェイだが、「いつか日本に来たかった。日本の料理を食べすぎて太ってしまったよ。甘いものが好きなので体重が増えて大変なんだよね」とつかの間の日本滞在を楽しんでいる様子。

 6月3日(土・現地時間)ブラジル・リオデジャネイロ・ジュネス・アリーナにて開催された『UFC 212』で、UFCフェザー級王者ジョゼ・アルド(ブラジル)を3R4分13秒、TKOに破り暫定王者から正規王者となった。その試合を振り返り、「アルドの地元でKOすることによって、今まで自分を批判してきた人たちに自分の成長を証明できたと思っている。ヒザ蹴りでも蹴りでも良かったんだが、得意の右ストレートで倒せたのが気持ちよかったね」と語る。

 今後の目標としては「フェザー級王者としてランキングのトップ15全員を倒してから次へ行きたい」と、まずフェザー級で敵無しを証明したいという。その後については「減量が大変なわけではないが、三階級制覇を達成してみたいね」との目標を掲げる。

 さらに、元フェザー級王者で現ライト級王者であるコナー・マクレガー(アイルランド)戦実現の可能性について聞かれると、「減量が嫌ならお前の階級で戦ってもいい。負けた時に言い訳されるのが嫌だ。コナーは言い訳をする癖があるからそれはやめてほしい。言い訳されない状況で戦いたい」と、対戦が組まれるなら一階級上のライト級でやってもいいと言い放つ。

 マクレガーとは2013年8月にフェザー級で対戦しており、ホロウェイが判定3-0で敗れている。

「コナーと戦った時に自分がどれだけ成長することが出来ているかが分かる。以前コナーと対戦した時は自分がちゃんとしていなかった。今はちゃんとしている。いいコーチを見つけて打撃に自信がついたんだ。コナーとの試合からいいことが続いて起こっている気がする(11連勝)。精神的にも身体的にも上手く戦えているし、自分らしく戦えている気がする」と、マクレガーとの再戦に自信を見せていた。

最終更新:8/7(月) 20:18
イーファイト