ここから本文です

飛行強行に「非常に遺憾」富川副知事、防衛局長らに抗議

8/7(月) 13:41配信

琉球新報

 富川盛武副知事は7日、オーストラリアで5日に墜落事故を起こし、日本政府が飛行自粛を求めていたにも関わらず7日午前、米軍が普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行を強行したことについて、「非常に遺憾。県民に寄り添うとの政府の言葉が空虚に響く」と厳しく批判した。
 7日午後1時、墜落事故に抗議するため県が県庁に呼んだ外務省の川田司沖縄担当大使、中嶋浩一郎沖縄防衛局長に抗議した。県は、事故原因が究明されるまでの間のMV22オスプレイの飛行中止、原因の早急な公表、安全管理を徹底を米側に強く働きかけるよう求めた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8/7(月) 13:41
琉球新報