ここから本文です

戸崎ねじ伏せインパクト大!秋山、ベテラン技で“代打ホームラン”

8/7(月) 16:56配信

夕刊フジ

 【甘辛戦記】小倉記念

 ベテランの域にさしかかってきた秋山騎手が、匠の技を駆使して見事、“代打ホームラン”を放った。

 デムーロ騎手の落馬で巡ってきたチャンス。鮫島調教師が秋山騎手を選択したのには理由があった。「まずハンデの52キロに乗れること。50キロでも乗れるくらいだから余裕があると。それに彼の、柔らかく乗る感じが合っていると思った」

 そんな期待を受け、道中は好位のインをスムーズに追走。3~4角にかけてまくって出た戸崎&サンマルティンが直線半ばで抜け出しかけたが、ゴール寸前できっちり捕らえ切った。

 「七夕賞で別の馬に乗って見ていて、不利を受けたこととか、この馬のことはある程度つかんでいた。トレーナーから『具合がいい』と聞いていて、道中の手応えも良かった。ただ(接戦だった)最後は、戸崎君にはよく負けているので、またかなと…」。ベテランらしく謙虚(?)に笑わせるのも心憎い。

 今後、タツゴウゲキに乗るかは分からないが、一介の準OP馬を見事に重賞ウイナーに仕立て上げたのは秋山の腕。09年にサマージョッキーズシリーズ王座をつかんだこともあり、この夏ももしかしたら…。

 「このところ重賞勝ちは年に1回なので、ボクにとっては、“ビッグイベント”だね。久しぶりに重賞を勝って(昨年のシリウスS=マスクゾロ以来)、まだまだジョッキーを続けられそうだよ」と締めくくりも自虐ネタだったが、追い比べで戸崎騎手をねじ伏せたインパクトも大きく、存在感を見せつけるVだった。 (夕刊フジ・水谷圭助)

最終更新:8/7(月) 16:56
夕刊フジ