ここから本文です

広島・岡田「自信になる」プロ初10勝 打線は先発全員14安打9点

8/7(月) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島9―4DeNA(2017年8月6日 横浜)

 広島・岡田が5回3失点と苦しみながらも2年目で初の2桁10勝に到達。「勝てたのは良かったです。自信になります」と安堵(あんど)感をにじませた。

 4回の打撃では、1点を先制し、なお1死二、三塁で左前2点打を放ち、自らを援護。しかし、その裏に無死一塁から3連続四球を与えるなど2失点。「4回はもたついてしまった」と反省した。

 夏場に発熱した昨年の反省から体調管理を徹底している。「できることは全部やる。特に栄養には気を付けないと」と食生活を改善した。疲労回復を図るため、食事での肉の割合を増やしてタンパク質を摂取。乳酸菌飲料も飲むなど自覚を持ってローテーションを守り抜く。

 3年目の薮田が前夜に到達したのに続く、チーム2人目の10勝目。打線も今季4度目の先発全員安打で、14安打9得点だ。マジック点灯は、8日以降に持ち越しとなったが、首位チームの強さは際立っている。

 ▼広島・鈴木(5回に左越え23号2ラン)前の打席では真っすぐで打ち取られていたので、真っすぐを積極的にいければと思った。

 ≪最短8日「M33」≫広島はDeNAに勝利したが、2位・阪神も勝ったため優勝へのマジックナンバーは点灯せず。最短で8日の点灯となった。条件は広島が中日に勝ちか引き分けで、阪神が巨人に敗れれば、阪神を対象に「33」が出る。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 2:35