ここから本文です

ジェイテクト、IT開発センターを秋田に設立へ…自動車部品向けソフト開発

8/7(月) 17:45配信

レスポンス

ジェイテクトは8月4日、秋田県に自動車部品向けソフトウェア開発拠点、ジェイテクトIT開発センター秋田を設立すると発表した。

ジェイテクトは大阪と名古屋に本社を置き、ステアリングシステムや駆動部品、電子制御機器などの製造・販売を手がけている。最近の自動車市場では、高度運転支援、自動運転化への対応が急務。ジェイテクトは、ステアリングシステムや駆動系部品のより高度なソフトウェア開発を進めており、電子制御関連の優秀な技術者の人材確保が課題になりつつあった。

そこでジェイテクトは、優秀な人材の地元での就業機会を創出する「Aターンプロジェクト」を推進する秋田県で、ソフトウェア開発拠点を設立することを決定。今回、秋田県と立地協定を締結した。

Aターンプロジェクトとは、首都圏など県外就業者に対して、県内就職情報の提供などを行い、秋田での就業を促進する取り組み。秋田県が1991年から開始している。

ジェイテクトは、IT開発センター秋田を2017年11月に設立する計画。総投資額は4000万円で、開設当初はおよそ10名を雇用する予定。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/7(月) 17:45
レスポンス