ここから本文です

韓国と北朝鮮の外相、マニラでのガラディナーで遭遇…握手・対話実現

8/7(月) 11:26配信

WoW!Korea

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が6日(現地時間)、自然と遭遇し握手を交わした。韓国外交部当局者が7日、明らかにした。

 南北外相の遭遇はフィリピン・マニラでのARF(ASEAN地域フォーラム)を契機に、モール・オブ・アジア・アリーナで開かれたガラディナー(Gala Dinner)で成し遂げられた。

 外交部当局者は「ガラ晩餐時、康長官が控え室で李外相と自然と遭遇し、握手をしながら対話した」と伝えた。

 この席で康長官は韓国新政府のベルリン構想と後続措置次元の対北朝鮮提案に対して、北側がまだ何の呼応がないということを指摘し、早急な呼応を期待すると伝えた。これに李外相はしばらくためらい、南側が米国と協調下で対北朝鮮圧迫を展開している状況で、こうした対北朝鮮提案には真正性が欠けているとの反応を見せたという。

最終更新:8/7(月) 11:26
WoW!Korea