ここから本文です

静岡・井川で時間52ミリ、避難勧告 台風5号

8/7(月) 23:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県内は台風5号の影響で7日午後から山間部を中心に、断続的に雨風が強まった。最大時間降水量は静岡市葵区井川と川根本町で52ミリ、御殿場市で35・5ミリを記録した。

 県のまとめによると、静岡市葵区井川地区の56世帯93人に土砂災害を警戒した避難勧告が発令されたほか、同市駿河区と清水区、小山町、磐田市などにも避難準備が出た。

 鉄道と空の便も乱れた。JR御殿場線は午後2時ごろから雨量規制で、山北―御殿場間で運転を見合わせた。東海道線も寝台特急など上下計4本が運休した。大井川鉄道は大井川本線で午後の4本が運休し、8日も井川線4本の運休が決まった。富士山静岡空港発着の空の便は、7日午後の12便が欠航し、8日も福岡行きの1便が欠航する。

 中部電力静岡支店によると、7日午後4時から午後8時にかけて、静岡市葵区や川根本町などの山間部を中心に、最大4300戸で台風の影響とみられる停電が発生した。

 今回の台風は動きが遅く、8日午後6時までの24時間雨量予想は多い所で中部、西部、東部350ミリ、伊豆250ミリ。静岡地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに引き続き注意を呼び掛けた。

静岡新聞社