ここから本文です

『メアリと魔女の花』舞台挨拶で、神木隆之介がセカオワに「ラベンダー畑で『RAIN』を歌ってほしい!」

8/7(月) 23:20配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

7月8日に公開され、公開30日間で動員177万7,848人、興収22億2,289万7,400円と大ヒットを記録している『メアリと魔女の花』。さらに世界155の国と地域で公開していくことも発表されるなど、この夏いちばんの話題作として日本中から注目を集めている。

【詳細】他の写真はこちら

そんな映画の大ヒットを記念して、作品のタイトルでもあり、劇中でも重要なカギを握るアイテムである“花”にちなみ、本日8月7日=花(はな)の日に大ヒット御礼舞台挨拶が、大阪・TOHOシネマズ梅田にて実施された。

舞台挨拶にはヒロイン・メアリ役を演じ、名前にも“花”の一文字が入っている杉咲花に加え、杉咲のことを“花様”と呼び数多くのプロモーションを共にしてきた神木隆之介、映画のラストに主題歌で“花”を添えたSEKAI NO OWARIのメンバーが登壇。さらに米林宏昌監督と、西村義明プロデューサーも駆けつけ、チームメアリが再び集結した。

イベントでは、夏休み期間中ということで各キャストが「夏休みにしてみたいこと」を発表。杉咲が「大人数でBBQに挑戦したい!」と答えると神木は「ラベンダー畑に行ってみたい! そこでFukaseさんに『RAIN』を歌ってほしい!」とSEKAI NO OWARIへのラブコールを送った。

SEKAI NO OWARIを代表してDJ LOVEが「ウォータースライダーなどプールで遊びたい!」と発言すると、先日男子メンバーでプールに遊びに行っていたことが判明。NakajinとDJ LOVEがひと泳ぎしたあとに、プールサイドでの会話を楽しむなか、一切誰とも会話をすることなくFukaseが黙々と泳ぎ続けていたというストイックエピソードも暴露され、会場を笑いの渦に包んだ。

そして、杉咲にはサプライズで神木から映画のプロモーションを完走した彼女への労いの気持ちを込めた“花”の冠がプレゼントされた。突然のサプライズに杉咲は動揺を隠せず、「生まれてはじめて花冠をかぶりました。本当にうれしいです。大事にします」とコメント。神木も大成功に終わったサプライズに満面の笑みを浮かべていた。

その後、行われたフォトセッションでも舞台挨拶に集まった観客一人ひとりが“花”のパネルを持ち、劇場に壮大なお花畑を創出。まさに“花”尽くしのイベントとなった。

杉咲花 コメント
この映画を観て、日常に転がっている小さな幸せを見つけて、少しでも明日が楽しみになればと思います。私はこの映画が大好きです。何回でもこの映画を観て、皆さんにとっての魔法を見つけてもらえるとうれしいです。

神木隆之介 コメント
今日は本当に来てくださってありがとうございます。本当に心からこの映画を皆様が愛してくださっているのだなと感じることができて本当にうれしいです。先日、カラオケで「RAIN」を歌ってみたのですが、歌いだしの部分が難しすぎて心が折れました(笑)。

SEKAI NO OWARI コメント
こうしてチームメアリの一員として舞台挨拶に参加し、映画を観たお客さんの前でお話しする機会を与えていただいて、本当に幸せです。主題歌「RAIN」がこれからも長く、多くの人に愛される曲になればいいなと思います。
※バンドを代表してNakajinがコメント

米林宏昌監督 コメント
今日は本当にすごくたくさんの人に集まってもらえてうれしいです。主題歌「RAIN」が映画を観た皆様の心にしみわたり、心の中にきれいな花を咲かせることでいつまでも思い出として残ってもらえれば。

西村義明プロデューサー コメント
今日は8月7日で“花”の日ということで、こうやって舞台挨拶を実施することができて本当にうれしいです。映画が公開され、最近は小さな子から、お手紙や写真を送っていただく機会が増え、映画が本当に多くの方に愛していただいていることを実感しています。

映画情報
『メアリと魔女の花』
全国東宝系にて大ヒット公開中!
キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
主題歌:SEKAI NO OWARI「RAIN」
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

『メアリと魔女の花』公式サイト
http://www.maryflower.jp/

SEKAI NO OWARI OFFICIAL WEBSITE
https://sekainoowari.jp/