ここから本文です

「カオスサーガ」著作権侵害問題、DMM GAMESにてお詫びを掲載

8/7(月) 11:58配信

Impress Watch

 ゲームパブリッシング事業を行なうブライブは、2016年11月15日にDMM GAMES上で配信を開始し、11月16日に配信を停止した「カオスサーガ」で起きた著作権侵害問題について、DMM GAMESにてスクウェア・エニックスに対するお詫びを掲載した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本作ではスクウェア・エニックス保有の「ファイナルファンタジーXI」、「ファイナルファンタジーXII」について、同作品のキャラクター「巨人族」など合計24件の権利侵害が確認されたとしている。本件の発生原因には「弊社における確認方法・確認項目・人員配備が不十分であり、かつ、重畳的な確認体制を取っていなかったことによる」としており、2016年12月には再発防止に向けて確認作業の段階的実施などの対策を講じると発表している。

GAME Watch,今藤祐馬

最終更新:8/7(月) 11:58
Impress Watch