ここから本文です

【舩越園子の目】「今は楽しい」松山がみせた少年のような笑顔

8/7(月) 10:34配信

デイリースポーツ

 「米男子ゴルフ・世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待・最終日」(6日、ファイアストーンCC=パー70)

【写真】優勝トロフィーを抱き、晴れやかな笑顔をみせる松山

 世界選手権2勝目、米ツアー通算5勝目、今季3勝目を飾った松山が表彰式でトロフィーを抱きながら見せた笑顔は少年のように無邪気だった。プロ転向してからの松山は、初優勝を挙げたときでさえ、その笑顔はどこか硬かった。

 今週の笑顔は、どうしてこんなに可愛らしいのか。その答えは、勝ったという事実、コースレコードに並ぶ61をマークしたという事実だけではなく、きっと何か別の理由があるはずだと思った。

 優勝会見。米国人のベテラン記者が面白い質問を投げかけた。「日本ではスターで、試合会場では毎日ラウンド後に日本人メディアに取材され、話をする生活を楽しいと感じていますか?」。

 会見場に勢揃いしている日本人メディアに気を遣い、苦笑しながらも、松山は答えた。「ヨーロッパの試合に出たとき(日本人メディアがいなくて)楽だったけど、淋しかった。だから今は楽しい」。

 そんなところでも松山は考え、学び、成長していた。以前は少なからずストレスを感じていたことも、今は楽しい。そんな気持ちになったときに挙げた勝利だったからこそ、彼の笑顔は少年のように澄んでいたのではないか。(在米ゴルフジャーナリスト)