ここから本文です

27年間ひとりで「寝屋川PR」頑張った女の子はちかづきちゃん「お相手」決まる 大阪

8/7(月) 7:55配信

産経新聞

 大阪府寝屋川市は、郷土民話「鉢かづき姫」の主人公をイメージした女の子のマスコットキャラクター「はちかづきちゃん」とともに市をPRする男性の新キャラクターが決まったと発表した。3体の男性キャラから、「たくましく、正義感が強い」という設定の「候補1」が選ばれた。「まずはお友達から」(市担当者)というお相手候補で、10月に正式デビューする。

 はちかづきちゃんは平成2年に公募で誕生し今年で27年たつが、一緒に活動する男性キャラはなし。民話では男性と結ばれるため、市民から「なぜ相手がいない」との声が寄せられていた。市は民話の時代に合わせ平安貴族がモチーフの候補3体を作り、6~7月にホームページなどで投票を募った。

 投票総数は、市外の54票を含む計360票。「たくましく、正義感が強い」候補1は総数の4割超となる153票を獲得。「優しく温厚」の候補3(129票)、「勇敢かつ誠実」の候補2(78票)を引き離し、お相手候補に決定した。7月29日の寝屋川まつりで発表された。

 市はお相手候補に決まった候補1の名前を9月に公募し、10月15日の「エンジョイフェスタinねやがわ」で正式デビューさせる予定。結ばれるかどうかなど今後の展開は未定だが、担当者は「27年間ずっと一人だったはちかづきちゃんを頼もしく支えてほしい」と期待している。

最終更新:8/7(月) 7:55
産経新聞