ここから本文です

<台風5号>「長寿」歴代4位 発生から丸17日

8/7(月) 18:03配信

毎日新聞

 台風5号は7日、発生から丸17日となり、過去に日本に上陸した中では最も長時間、台風の勢力を維持し続けた「長寿台風」となった。台風を動かす風が弱く、ふらふらと迷走したため。ゆっくり進むと同じ場所で雨が降り続き、被害が大きくなりやすく、気象庁は土砂災害や浸水への警戒を呼びかけている。

【衝撃】突風で飛んできた瓦などがあたり、窓ガラスなどが割れたコンビニ

 気象庁によると、台風の「寿命」は平均5.3日。統計の残る1951年以降、最も長寿だったのは86年の台風14号の「19日と6時間」だが、日本には接近しなかった。今回の台風5号は歴代4位の記録。8日も台風としての勢力を保つとみられ、さらに記録を更新する可能性がある。

 台風5号は7月21日午前9時、日本最東端の南鳥島近海で発生。円を描くように進んでから小笠原諸島付近に南下して勢力を増した。さらに奄美大島付近で進路を西から北東に変え、九州や四国に上陸するとの予想を覆し、最終的に近畿に上陸するなど、迷走ぶりが際立った。

 気象庁によると、太平洋高気圧の張り出しが弱く、高気圧の縁を回る風の影響を受けなかったことで、ふらふらと千鳥足のような予測しづらい進路になった。さらに日本列島付近で台風を東に運ぶ役割の偏西風も弱く、列島に接近してからもノロノロと進むことになったという。【池田知広】

最終更新:8/8(火) 5:16
毎日新聞