ここから本文です

肺腺がんのいときんが猛虎愛語る ファンもエール「甲子園で一緒に六甲おろしを」

8/7(月) 15:17配信

デイリースポーツ

 肺腺がんを公表したヒップホップグループ・ET-KINGのリーダー、いときんが7日更新された阪神の公式HPでタイガース愛を存分に語った。その姿にツイッターでは「元気になって甲子園で一緒に六甲おろし歌いたい!」「いときんさんの為にも残り試合頑張らなアカンで!」などエールが続々と寄せられた。

 阪神の公式HPでは、各界の阪神ファンがタイガースへの熱い思いを語る「みんなでガオー!応援隊」というページがあるが、8月の第1回として登場したのがいときん。3日にステージ4の肺腺がんであることを公表したばかりで、インタビュー日時については明かされていないが、HPに掲載されたいときんの表情は、大ファンのタイガースを語るとあって笑顔そのもの。

 HPでは、野球をやっていなかったことから最初は特に阪神ファンではなかったが、20歳頃、整骨院に勤務した際、通っている人が皆阪神ファンだったことから興味が沸いてきたことや、タイガースのラジオ番組を担当したことで、選手やOBと出会いファンになっていったことなどを紹介。

 また特に印象に残っている選手、OBを聞かれ平田勝男一軍チーフコーチの名前を挙げた。「何回か鳴尾浜で平田さんにインタビューさせてもらったんですけど、実際にお会いして平田さんってほんまヒーローやなって改めて思ったんです」と、その格好良さを力説。虎風荘へ行くと「いつも平田さんがミックスジュースを出してくれはるんですよ」と平田コーチとの思い出も披露している。

 そんな姿に、いときんファンも阪神ファンもエール。ツイッターには「早よ病気治して、またパワフルな歌声聞かせてや!待ってるで!」「病気に負けないでくださいね!絶対やっつけようね」「いときんさんの為にも残り試合頑張らなアカンで!」「いときんさんの病気が吹っ飛ぶくらい、阪神には頑張ってもらいたい」の声が上がっていた。