ここから本文です

与野党、「小池新党」の出方注視=民進、新たな離党警戒

8/7(月) 16:36配信

時事通信

 小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員が国政新党結成をにらみ、政治団体「日本ファーストの会」の設立を発表したことに対し、与野党から7日、「注視していかなければならない」(自民党の岸田文雄政調会長)などの発言が相次いだ。

 
 自民党の萩生田光一幹事長代行はBSフジの番組で「何を目指してグループをつくるのかよく分からない」と指摘。「小池氏は若狭氏の後ろに隠れるのではなく、堂々と表明した方が良い。そうでないなら都民、国民を惑わす」と述べた。

 岸田氏は党本部で記者団に「今は政府・与党が国民の厳しい批判を浴びている。自らの信頼回復に向け、努力を重ねていくことを優先すべきだ」と語った。

 民進党の野田佳彦幹事長も記者会見で、「国政でどういう立ち位置、理念でやるのか、どういうメンバーかが分からない。注視したい」と述べた。共産党の小池晃書記局長は会見で、「安倍政権とどういう対抗軸があるのか、そもそも対抗するのか分からない」と述べ、今後の出方を見極める意向を示した。 

最終更新:8/7(月) 23:20
時事通信