ここから本文です

どこでもスマホ充電 紛失も防ぐ「IoTスーツケース」 9月発売

8/7(月) 17:30配信

ITmedia NEWS

 スマートフォンの充電や、盗難を防ぐアプリとの連携ができる“IoTスーツケース”「マックスパス スマート」を9月15日に発売すると、旅行バッグなどの製造卸のエース(東京都渋谷区)が8月7日に発表した。ソフトバンクが運営するDoT.のWebサイトで7日から購入予約を受け付ける。7万1280円(税込)。

【画像:スーツケースでスマホ充電】

 スーツケース本体上部に、容量5000mAhのリチウムイオンポリマーバッテリーを内蔵。最長約100センチのMicro USBケーブルを備え、空港で電源が見当たらないときなどにスマホを充電できる。

 出力は、急速充電やタブレットに対応する2.1A。2ポート搭載だが「充電時のパワーが落ちるので2台同時充電は推奨していない」という。

 モバイルバッテリー自体の充電には別売りのケーブルが必要。航空機を利用する際はバッテリーを取り外して機内に持ち込むよう、エースは案内している。

 スマホとBluetooth接続し、専用アプリ「TrackR」(iOS/Android)と連携する機能も。スーツケースとスマホが約30メートル離れると、双方からアラートが鳴る。Bluetooth通信の範囲外に置き忘れたときは、他のユーザーを通じて位置情報を取得できる「Crowd Locete」機能が使える場合もあるという。

 本体サイズは39(幅)×25(奥行)×51(高さ)センチ、重量は3.5キロ。容量は39リットル。カラーは、ブラック、ウォームグレー、シルバー。本体上部にスマホを立てかけられるスタンドも搭載する。

 9月1日からはプロテカ日比谷店(東京都千代田区)とエースオンラインストアでも先行販売する。

最終更新:8/7(月) 17:30
ITmedia NEWS