ここから本文です

<若狭衆院議員>日本ファーストの会設立 国政進出へ布石

8/7(月) 20:25配信

毎日新聞

 小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員(無所属)は7日、国会内で記者会見し、政治団体「日本(にっぽん)ファーストの会」を7月13日付で設立したと発表した。国政選挙に立候補する人材を育成する政治塾を開校し、9月16日の初回講師に小池氏を招くことも明らかにした。小池氏が率いる地域政党「都民ファーストの会」が国政進出する布石になるとみられる。

【写真特集】記者会見する若狭衆院議員

 日本ファースト代表には若狭氏が就き、同会が新たな政治塾「輝照(きしょう)塾」を運営する。若狭氏は会見で、開校目的として「都知事選、都議選の有権者の声として自民党でも民進党でもない政党の存在を求めている」と説明。国政新党をにらんで人材を集める考えを示した。

 新党結成については、早期の衆院解散の可能性を踏まえ「少なくとも年内の早い段階で作るべきだ」と明言した。民進党を離党する意向の細野豪志衆院議員らとの連携にも言及し、「今の自民党の受け皿になるようなものを作るべきだと強い情熱を持って考えている人、国会議員の現職を含めてこれから協議を進めていく」と語った。

 一方、小池氏が国政新党に加わるかについては「塾の講師としてお願いしたが、新しい国政新党にどのように関わるかは、現時点では言及できない」と述べるにとどめた。小池氏は7日、都内で記者団に「国政は若狭氏に任せている。改革の思い、志を共有するものだ。国政において大いに活躍されることを心から願っている」と語った。【高橋恵子】

最終更新:8/7(月) 23:35
毎日新聞