ここから本文です

養老鉄道、列車内で子猫とふれ合える「ねこカフェ列車」を1日運行 保護猫カフェと連携して里親募集も

8/7(月) 22:19配信

ねとらぼ

 養老鉄道は、岐阜県の保護猫カフェ「こねこカフェSanctuary」と連携し、列車内で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を9月10日に運転することを発表しました。

【画像:列車&猫好きにはたまらない!】

 ねこカフェ列車では、同鉄道の大垣駅から池野駅まで(または池野駅から大垣駅まで)のコースを運行し、その貸切列車内にて子猫たちと触れ合うことができます。さらに当日は猫たちの里親募集も実施。どちらのコースともに先着40人限定で、公式ホームページと電話で申し込み可能です。

 参加費は3000円(大人・小児共通)で、「養老鉄道1日フリーきっぷ」「お弁当」「お茶菓子」付き。なお参加代金の一部は、こねこカフェSanctuaryによる殺処分ゼロに向けた保護猫活動に充てられます。

 運行時間は、大垣駅から池野駅へのコースが、10時30分集合~池野駅13時ごろ解散。池野駅から大垣駅へのコースが、11時20分集合~大垣駅14時50分ごろ解散となります。1日フリーきっぷについては事前に送付される予定です。

 また池野駅では同日、岐阜県池田町を拠点にした動物保護活動団体・個人の支援活動を開始した「動物保護支援団体KAM」による、猫グッズの販売等のイベント「ハピねこトレイン in 池野駅」が開催予定です。こちらは10時~15時まで。

最終更新:8/7(月) 22:19
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ