ここから本文です

【巨人】阿部「ファンと喜び分かち合いたい」2000安打は東京Dで決める!

8/8(火) 6:04配信

スポーツ報知

 巨人・阿部慎之助内野手(38)が7日、8日からの阪神3連戦(東京D)を、2000安打達成の舞台に選んだ。現在、1994安打。巨人生え抜きでは川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲に次ぐ史上5人目の偉業へ、「東京ドームのファンの皆さんの前で達成したい。みんなで喜びを分かち合いたい」と約束した。さあ、ラストスパートだ。

【写真】5日の中日戦、阿部が13号3ランを放ち、ダイヤモンドを一周

 数多くの激戦を繰り広げてきたグラウンドに、阿部は新たな栄光の足跡を残すことができるか。巨人の生え抜きでは80年の柴田勲以来、37年ぶりとなる2000安打まで、あと6本。歴史的偉業のXデーは、すぐそこだ。背番号10は、本拠地での阪神3連戦に照準を定めた。

 「やっぱり、東京ドームのファンの皆さんの前で達成したい。ここまで来ることができたのも、巨人ファンの応援があったからこそ。みんなで喜びを分かち合いたい。ドームは特別。俺にとっての仕事場。節目、節目はドームだった」

 2安打×3試合というハードルは阿部をもってしても簡単ではないが、8月に入り、5年ぶりに2試合連続猛打賞をマークするなど状態を上げている。プロ初安打に始まり、500安打、1000安打、1500安打を放ったのは、いずれも東京D。全て、勝ち試合だった。2000安打を後押ししようと、多くのファンが自前の「アベ・メーター」を掲げて応援し、球団も様々なカウントダウン企画を展開している。東京Dに愛され続けてきた男が、ここで打たないわけにはいかない。

 もちろん、個人記録だけを見ているわけではない。開幕前には「2000安打に王手をかけたら、全打席ホームランを狙っていきたい」「鈍足の俺が、最後の最後に内野安打で決めるっていうのも面白いかも」などと理想形を思い描いていたが、チームは現在、3位・DeNAに4ゲーム差の4位につけ、CS圏内を目指して上位を追走中。「勝って達成したい。(阪神戦で)あと6安打するのは簡単じゃないけど、それだけ打てば勝利に貢献できる。勝ちにつながる一打が出るように、1打席1打席集中して頑張る」と、冷静さは忘れていない。

 父・東司さんが千葉・習志野高時代に掛布雅之(現阪神2軍監督)と同級生だったこともあり、幼少期から虎党だった。01年3月30日、5打数2安打4打点で鮮烈デビューした開幕戦は、本拠地での阪神戦だった。2000安打目前、東京Dを舞台に、伝統の一戦が巡ってきたのは運命なのかもしれない。(尾形 圭亮)

最終更新:8/8(火) 8:48
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 17:25